もらった「地元のギフト」カードどうしてる?

ジモカンブログ

取材営業担当の角浜です。

みなさん、注文し終わった「地元のギフト」のカード、どうしてますか?


「地元のギフト」には、それぞれの地域のつくり手と産品が描かれた10枚前後のカードが入っています。
カードにはそれぞれの生産者さんの顔と名前、そしてインタビュー記事が掲載されています。

こんな人が作っているんだ!
こんな歴史があるんだ!

と読み物としても楽しめると好評です。

もう一度質問です。
注文し終わった「地元のギフト」のカード、どうしてますか?

生産者さんの人生が語られていたりもするし、
10枚デザインが統一されているのでずらっと並べると可愛いし、
注文し終えてもなんとなく捨てられない。

そんな地元のギフトをもらって、カードを持て余しているあなたに朗報です。

こんな遊びはいかがでしょうか?
【かたろ〜ぐ】
https://chaga2.jimdo.com/%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/%E3%81%8B%E3%81%9F%E3%82%8D%E3%83%BC%E3%81%90/

?どんなゲーム?
カップルで、友達同士で、親子で。好きなカタログやチラシを開いたら、すぐにゲームの始まりです。二人でワイワイ語り合い、お互いの「欲しいもの」をあてっこしましょう。

「え!コレが1位なのー!?」相手の意外な好みに会話がはずみます。
平日夜にお茶をのみながらステキな数分間をお過ごしください。

もちろん二人だけでなく大勢で遊ぶこともできます。
皆様のステキな時間のお供にどうぞ。
(サイトより引用)


遊び方も簡単!
実は案外知らなかった相手の好みがわかったり、面白い発見がある!

おじいちゃんと孫の会話のきっかけになったり、障害児の療育にも使えるそうな。

こ、これは地元カンパニーで使える・・・!


>>次回:実際に地元カンパニーで「地元のギフトdeかたろ〜ぐ」やってみた!

関連記事一覧