地元

地元準備室

東京にいるうちに何を獲得しよう

そんなあなたを募集している企業

東京で3年ぐらい働いて地元に帰ろうと思っている人を採用したい企業を募集しています。
全国の人材紹介事業者募集。Uターン希望者に地元企業を紹介してくれる人を募集しています。

ゆかり飲み

私の地元のゆかり飲みやってるかな

同郷の人と飲むのは楽しいものです

一覧を見る

あなたの町のゆかり飲み、やりませんか?

幹事募集中

地元カンパニー
からのお知らせはSNSで

「地元のために何かしたい…!」と考える人達が集まれるFBのグループをつくりました。各々の地元に対する想いを形にしていきましょう!!
どなたでも参加OKです!

facebook

地元の為に何かしよう
グループ
地元企業に会いに行こう
地方に仕事がないを考える〜その3〜|【後半告知あり】栃木・埼玉・新潟・群馬・茨城へUターンイベント
ジモカンライター|児玉児玉

「求人情報をまとめるのは難しい」

求人情報が出ていない大きな理由の1つは、実は求人情報をまとめるのは、とても難しいということがあるのです。私も求人情報を書くまでは想像したことすらないのですが、求人情報、採用情報をまとめるのはとても難しい。しかも中小企業は、経営者が採用担当であったりします。人事部をおけるってのはすごいこと。しかも、全ての経営者が、文章をまとめる能力に長けているかと言えば、決してそんなことはないのです。文章にまとめる能力と経営能力はイコールではないことは、誰しもがわかることかと思います。

あと、なかなか求人情報を書くことに時間を割く経営者もそんなに多くないと思います。まぁ、会社名と給与、仕事内容を書くことはすぐにはできると思いますが、それでは、魅力は伝わらないですよね。中小企業では、人事専門のスタッフもおけるわけではないですし、そもそも、社長がどんな人をほしがっているか、社員に伝えることもあまりないです。何よりも、本当に人員を増やしていいのか、なかなか決断できない状況なのです。

社員が増えるのは大変なことが少なくありません。(もちろん良いこともあります)別のスタッフとの相性が悪かったらどうしようとか、不正を働く人だったらどうしようとか、まぁ、そんあことも考えたりするわけです。あと、ずっと給与を払えるのだろうかどうかももちろん考えます。あとは、仕事の役割分担も考えます。既存の社員がやっているこの仕事を担ってもらって、その社員にはこれをやってもらって、、、うんぬんかんぬん・・・など。ここら辺を同時並行で考えつつ、求人情報を出していかねばならないのです。

ですので、あーでもない、こーでもないと考えている状況で、それっぽい人に会うと、その人を軸に、事業とか社内の役割分担を組み立てていったりします。特に、それっぽい人にやりたいことがあったりすると、すごく考え易いです。

何を言わんとしているかというと、経営者も日々悩んでていて、求人票も出せず、あーでもないこーでもないと考えているので、求職者側から、積極的にコンタクトをとっていくのは全然ありだなって思います。ということで、どんどん経営者に会いに行きましょう〜。特にUターンしようとしている人は、地元企業に積極的にコンタクトとって関係をつくりましょう。

ということで告知です。2月10日に秋葉原で次のようなイベントがあります。栃木・埼玉・新潟・群馬・茨城にUターンしたい人はレッツゴー。

——————————————-
■U・I・Jターン 合同企業交流会 in 秋葉原
栃木・埼玉・新潟・群馬・茨城へのU・I・Jターン合同企業交流会 in秋葉原を開催します!

開催日時:平成27年2月10日(火) 12:30~16:00
会  場:東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX 2F
     アキバ・スクエア
参加企業:約40社
参加対象:学生(学年は問いません)※高校生不可、服装は自由です
参加費:無料
申し込み方法:WEB申し込み、またはFAXにて事前申し込みをしてください。
WEB:https://www.job-search.ibaraki.jp/viewer/opinion.html?formId=9
FAX:http://www.job-search.ibaraki.jp/manage/contents/upload/54aa3b612b4dc.pdf
——————————————-

地元を贈ろう。
地元商店
セガレ・セガール談義

最近の児玉光史のブログ

東京駅の近くにコワーキングスペースできたようなので内覧にいってきた 詳細へ
当社が使っているクラウドツールと、使わなくなったツール(都度更新) 詳細へ
まだまだ手作業が多い農業、機械化はすすむか 詳細へ
最近の地元カンパニー(2017年6月) 詳細へ
地元に足りないのは”あなた” 詳細へ

殿堂入り!人気の記事

地元のためにできる14のこと〜いつまでもあると思うな親と村〜【長文】 詳細へ
5年間マーケットをやってみて気付いたこと 詳細へ
砂鉄、売れるかな?【採取編】 詳細へ
「勉強」や「経験」とか言ってないで、決めよう 詳細へ
【プレスリリース】地域の活性化の新しい切り札に、地域産品のカタログギフトを。 詳細へ