“地方には仕事がない”を考える〜その2〜|後半に告知あり

地元企業に会いに行こう

「売上が先か、採用が先か」

「鶏が先か卵が先か」と同じような問いです。いかがでしょうか。会社をやる前までは、「儲かってるから人を雇うんだろうなぁ」と何となく思っていたのですが、会社をやってみると、「採用が先」というか、「採用ありき」な感じがします。結局儲かっているとしても、その儲けがいつまで続くか分からないし、時代もうつりかわり、その事業自体も変えてかないといけないとなると、その人自身に稼いでもらう時は遅かれ早かれやってくると思うわけです。
あと、人数が少ないっていうのは発注側からすると依頼できる範囲を大きくしにくいということがありますし、継続的な取引ができないかもしれないという心理も働いたりします。
かといって、採用人数を大きくしすぎてしまってもいけないのでバランスが大事なわけですが、なかなか難しく、経営者の皆さんはみんな頭を悩ましていることかと。

仮に、利益をどんどんつくっていける人を雇うことができたとすれば、会社としてはどんどん面白い事業ができるし、どんどんチャレンジャブルになります。そんな人を会社に増やしていけば、経営者が実務をやらなくても、色んなことはできるは利益はあがるはなので、究極的に、経営者の仕事は、色んなところに顔を出して、色んな人と出会って、一緒に働きたい人を採用することと方針を示すことが経営者の仕事の中心になってくるんだろうなと思います。

だから、企業は、採用活動は年中無休でやるべきだと思うし、逆も然りで、いいなぁと思う会社があったら、採用情報が出ていようがいまいが、私どうですかね?雇ってみませんか!?と言いに行った方が良いと思ってます。結構、人手が足りなくて困っていることってあったりします。

なので、地方で働こうかなぁっていう方がいれば、求人票以外でも、面白そうだなって会社を見つけて、そこに連絡するのがいいって思います。


その3に続く

——————————————-
ここから告知
——————————————-
『北海道ワクワクセッション in 京都』開催のお知らせ

◆日  時:2015年1月17日(土)
      10:00~15:00(受付9:30~)
◆会  場:きらっ都プラザ京都産業会館 9F催事場
     (京都市下京区四条通室町東入)
      ※市営地下鉄烏丸線「四条駅」26番出口直結
◆参加企業:6社
      株式会社阿寒グランドホテル、東洋印刷株式会社
      株式会社ドーコン、北海道テレビ放送株式会社
      株式会社富士メガネ、株式会社柳月
◆対  象:北海道で働きたい大学1~3年生
      (4年生、Iターンの方も歓迎)
◆定  員:50名(先着順ですのでお早目にお申込みください)
◆参加方法:事前予約制
 ・メール → info@jobcafe-h.jp(24時間受付)
  送信内容→【件名】京都参加申込
  【本文】①氏名 ②学校名 ③連絡のつく電話番号
  折り返し、スタッフより詳細のご案内をさせていただきます。
 ・電話 → 011-209-4510(平日9:00~19:00/土10:00~17:00)

詳細リンク先
http://www.jobcafe-h.jp/event/seminar/back/cgi-bin/popup.cgi?num=1281

関連記事一覧