地元

地元準備室

東京にいるうちに何を獲得しよう

そんなあなたを募集している企業

東京で3年ぐらい働いて地元に帰ろうと思っている人を採用したい企業を募集しています。
全国の人材紹介事業者募集。Uターン希望者に地元企業を紹介してくれる人を募集しています。

ゆかり飲み

私の地元のゆかり飲みやってるかな

同郷の人と飲むのは楽しいものです

一覧を見る

あなたの町のゆかり飲み、やりませんか?

幹事募集中

地元カンパニー
からのお知らせはSNSで

「地元のために何かしたい…!」と考える人達が集まれるFBのグループをつくりました。各々の地元に対する想いを形にしていきましょう!!
どなたでも参加OKです!

facebook

地元の為に何かしよう
グループ
未分類
『名古屋市のギフト』を一緒に運営してくれる仲間募集!
ジモカンライター|杉本杉本

名古屋市のこだわりのある特産品を集めたカタログギフト。今回は、このカタログギフトを通して一緒に名古屋の魅力を伝えてくれる学生を募集します。そこで、現「名古屋市のギフト」製作隊の田邊さん、梅村さん、室井さんにお話を伺いました。

nagoyaseisakutai

学生が主体となって名古屋市の魅力を発信

───名古屋市のギフトのこだわりやギフトに対しての想いを教えてください。

田邊  こだわりは、学生が主体となって名古屋の魅力を発信しているってことかな。きしめんなどの名古屋グルメだけでなく、こんなところでこんなものが作られているんだ!っていうような新たな発見のきっかけとなってほしいという想いで製作しています。

───そうなんですね。学生だけで活動していることのいいところはどのようなことがあるのでしょうか。

田邊  学生だけで活動しているってことを企業の方や生産者の方に伝えると、面白そうだから話を聞いてみよう、と興味を持ってもらえることや応援してくれる方が多いこと。また製作隊として社会人を相手に実際に仕事をするということは普通の学生生活では味わうことのできない貴重な経験だと思います。

室井  ほんとにそれに尽きるよね。でも応援してくれる人に甘えてばかりはいられないから支えてもらっているうちに結果を出していけるように頑張ってるよ~。

梅村  私は全くビジネスについての知識はなかったんだけど、製作隊になったことで視野を広げることができたし、良い経験になってると思う。

11101728_671513669649234_6111471115366072055_n
テレビや新聞の取材を受け、PRすることもしばしば

───学生がビジネス活動をしていると、確かに関心を持ってもらい易いですもんね。製作隊になると実際に企業の方と交渉するという経験ができるんですね。製作隊としては具体的にどのようなことを行っているのでしょうか。

田邊  主に製作、販売、そして広報活動を行っています。製作としてはクラウドファンディングで資金を集めながら、交渉と取材を通して生産者のこだわりを発見して記事にし、カタログを作っています。販売としては出来上がったカタログの販路開拓をしています。方法としては消費者に直接売り込みをしたり卸売業者を介して間接的に販売をしたり。

室井  個人営業か法人営業かってことだよね。

田邊  そうそう、そんな感じ。法人営業っていうのは、例えば名古屋のセレクトショップに置いてもらえるように交渉したり、ギフトを結婚式の引き出物として取り扱ってもらえるようにウエディングプランナーのところに訪問したりすることだね。

梅村  広報としては主に三つの活動内容があって、一つ目はFacebookやブログを通してより多くの人に名古屋市のギフトを知ってもらうことで、二つ目は私たちの活動の報告をすること。今日はこういうところに訪問してきました、とか。三つ目はギフト以外にも、名古屋市の魅力を伝えていくことです。

ウェブマーケティングに興味のある学生が仲間になって欲しい

───ギフトだけでなく、名古屋市の魅力も発信しているんですね、知りませんでした!今回は名古屋市のギフトの製作隊を募集しているということですが、どのような学生に応募してほしいと思っているのでしょうか。

田邊  最後まで責任をもってやりきってくれる元気な子ですね。もちろん名古屋が好きで魅力を伝えたいという子も大歓迎ですが、新たな領域で自分の可能性を試してみたいというチャレンジ精神のある学生にもぜひ来てもらいたいです。

室井  でも一番はやる気のある子じゃないかな。正直最後までやりきる覚悟を見せてくれる子であれば、元気じゃなくても歓迎!(笑)あとは学部とかは問わないけど、ウェブマーケティングに興味のある学生と一緒に活動ができたらおもしろいんじゃないかな。

───ウェブマーケティング・・・

田邊  そう。消費者への売り込み方法としてインターネット販売もしているんです。小売店に置いてもらったり卸売りをしたりもしてますが、やっぱり消費者に直接販売するのが一番いいよねって話になって。より多くの人にウェブから買ってもらうための新たな販売方法とかを発見できたらなって思っています。

室井  うんうん。あと、目的に合っていればやってみたいことは何でも行動に移せるというのも製作隊として活動することの魅力だから、イベントの企画とか何か挑戦してみたいことがある学生や、少しでも興味をもった学生はぜひ以下の連絡先まで連絡ください!

11705148_697168893750378_6867748628163020414_n

募集要項

探している人: 名古屋市のギフトを一緒に運営してくれる人
問い合わせ用メールアドレス: nagoyagift@gmail.com (田邊正義)

地元を贈ろう。
地元商店
セガレ・セガール談義

最近の児玉光史のブログ

東京駅の近くにコワーキングスペースできたようなので内覧にいってきた 詳細へ
当社が使っているクラウドツールと、使わなくなったツール(都度更新) 詳細へ
まだまだ手作業が多い農業、機械化はすすむか 詳細へ
最近の地元カンパニー(2017年6月) 詳細へ
地元に足りないのは”あなた” 詳細へ

殿堂入り!人気の記事

地元のためにできる14のこと〜いつまでもあると思うな親と村〜【長文】 詳細へ
5年間マーケットをやってみて気付いたこと 詳細へ
砂鉄、売れるかな?【採取編】 詳細へ
「勉強」や「経験」とか言ってないで、決めよう 詳細へ
「南部町のギフト」販売開始しました 詳細へ