道無き道を切り拓け!鹿児島を舞台に本気の挑戦をしたい学生インターン募集!

未分類

  • HOME
  • ブログ
  • 未分類
  • 道無き道を切り拓け!鹿児島を舞台に本気の挑戦をしたい学生インターン募集!

鹿児島県鹿児島市に、インターンシップ事業の企画運営、キャリア支援、経営支援などを行なうベンチャー企業がある。その名も“株式会社マチトビラ”。代表取締役である末吉 剛士さんは鹿児島県鹿児島市出身だが、大学は京都、就職は東京と長らく鹿児島を離れていた経験がある。今回は、自身もUターン経験者である末吉さんに地元鹿児島への想いと今回のインターンについてインタビューしました。

インタビュー中2

ー本日はどうぞよろしくお願いいたします。それではまず最初に、御社の取り組みついて簡単に教えて下さい。

よろしくお願いします!株式会社マチトビラという会社で、現在創業4年目です。社員は6名。メイン事業では、長期実践型のインターンシップをコーディネートする事業をやっています。ざっくり言うと若者と中小企業の接点づくりをしたりとか、もしくは2つのプレイヤーが、一緒になって何かの挑戦をするお手伝いをしながら、経営支援と人材育成をしています。

ー創業期からインターン事業を続けてきたとのことですが、この事業を始めようと思ったきっかけは何だったのでしょう?

Uターンした直後、鹿児島のとあるNPO法人に勤めていたのですが、そこで年間200人くらいのNPOや中小企業の経営者にお会いする仕事をしていました。その仕事をしていく中で、東京にいる時よりもすごく魅力的な経営者がたくさんいることに気付いたんです。

インタビュー中3

地域の課題もあるけど、“困ったなぁ”で終わらせずに、“じゃあ、どうする?”って言いながら活き活きチャレンジをしている経営者がすごく魅力的に見えて、僕自身もすごくワクワクできたんです。その時、“こんな人達がもっと地域に増えたら”とか、“取り組んでいることがもっと上手くいけば、凄く地域が良くなるんじゃないか”と思いました。

で、皆さんが口を揃えて仰っていたのが、“右腕がいればもっと新しい挑戦ができるのに”ということでした。それで“何かできないかなぁ”と思っていた時にETICさんから“鹿児島でも長期実践型のインターンシップをしませんか?”とお声がけ頂いて、そのNPO法人で新規事業として長期実践型インターンシップを始めました。

ー経営者の方々が仰っていた“右腕”とは、やはり“若者”をイメージしてらっしゃったのでしょうか?

そんなに“若者を求めている”というニーズは顕著ではなかったです。どちらかというと、もっと“経営者と同じテンション、レベル感で答えの無い課題に対して試行錯誤する人がいてほしい”といったニーズでした。

ー現状なかなかそういった人が少なかったんですね。

そうですね。いないことも多いし、いたとしても、もう一人欲しい、もう一人欲しい、といった声が多かったです。

ーなるほど。ありがとうございます。それではインターンについても伺っていけたらと思うのですが、今回のインターンでは主に学生を対象に募集をされているのですね。

学生ですね。当初から学生ではない人の受け入れもしてきたのですが、学生の方がレバレッジが効くというか、伸びしろがあったり、本気度が高かったり、既成概念もないので、経営者と同じテンションでプロジェクトに向き合えるというのが魅力だと思います。なので今は学生を対象とした募集に注力しています。

ー主に県内、県外両方を対象に募集していらっしゃるのでしょうか?

両方募集しているのですが、これまでは95%が鹿児島県内の若者です。残りの5%が県外から来るんですけど、鹿児島出身者が大半で、ごくごく一部が“鹿児島にゆかりないけど来ました!”っていう方でした。ですが、これからは県外からの割合も増やしていきたいと思っています。

ー何名くらいの方を募集していらっしゃるのですか?

県内県外合わせて、10名くらいの方の募集をしています!今後は県外からのインターン生をもっと増やしていきたいな、と考えています。

マチトビラさんパンフ

■インターン受け入れ先一覧はこちら

“インターン先としての鹿児島”にはどんな魅力があると思いますか?

そうですね。鹿児島は、初めて何かに挑戦して試行錯誤をするには、とても良い環境かなと思います。ここには、外から見れば「もっと良くなるのに!」と発見できるような【課題】や、もっと良くなる可能性を感じられる【素材】があります。

でも地域内には【課題】を発見したり、“試行錯誤”できる人がなかなか少ないので、いい提案をすればすぐに“じゃあ是非やってみてよ!”と任せてもらえる環境があります。東京とかだとなかなかそういった【課題】や【素材】がまるっと残っていることが少なかったりしますけど、鹿児島には気持ちを入れて頑張りたいと思えるような【素材】がたくさんある。そこが魅力だと思います。鹿児島来てくれたらきっと好きになってもらえるだろうな、という変な自信があります。(笑)

マチトビラ社長

ーありがとうございます!それでは最後に、こんな人に来て欲しい!といったご要望があれば是非お聞かせ下さい。

地域には【課題】も【資源】もたくさんありますが、とはいえなかなか手厚く“予算”や“人員”を投下できない状況があります。そういう中で、「よっしゃー!」と腕まくりできる人がいいかなーと思います。そういう人の方が地域でも楽しめるし、地域からも求められると思いますね。

ーありがとうございました!

本気の挑戦をしたいアナタは是非!一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。




募集要項

探している人:手厚く予算や人員が投下できない状況の中でも、前向きに楽しんで課題解決できる若者(〜30歳まで応募可能)

問い合せ先:http://machitobira.org/contact/

HP:http://machitobira.org/

Facebook:https://www.facebook.com/machitobira




 会社情報

■株式会社マチトビラ

■会社住所: 〒892-0815 鹿児島県鹿児島市易居町1番2号 ソーホーかごしま15号室

■代表者: 末吉 剛士

■メンバー/社員数: 6人

■やってること: 長期実践型インターンシップの企画・運営/キャリア教育プログラムの企画・運営

■会社/団体HP: http://machitobira.org

関連記事一覧